2018年4月18日水曜日

【総合内科 担当症例数】 2009年04月~2018年03月

2018年度がはじまり、1年目研修医も配属となって、いよいよ本格始動です。
総合内科は、今年度は若者が増えて、活き活きしています!
今年度は昨年とはまた違った2チームで頑張っています!

さて、昨年度までの主治医としての担当症例数です:退院サマリーBaseです (〇年4月1日~〇+1年3月31日)

2017年度は総合内科の入院担当数がはじめて1,000を切りました。
ただ、専攻医不在+Duty↑のなかで、下記の対応は相当大変でした。
 ※ 個人的には、2011年度ほど・・・ではないですが、
2012-2016年度までの担当数と同数程度を1年で担当+Dutyは↑という1年でした。

2017年4月~2018年3月:835名 / 6.9人 
 スタッフ:6名 ⇒ 719名 / 6人 (75,113,112,134,145,140)
 専攻医:3年目1名(07月〜03月の9ヵ月間) 102
  +DM内科より2ヶ月間サポート          14 ⇒ 116名 / 2人

 ★ 呼吸器内科=結核病棟入院:7名 :年次推移は文尾にあります

昨年との比較でいくと、担当者数は↓なのですが、
 スタッフ担当数は同人数でほぼ同数を担当
+ 専攻医も併せた人数での平均でもほぼ同数 (約120症例/年) なので、
とても頑張った1年+山脇 満輝先生がいなかったら・・・ ぞっとする数字です。

2016年4月~2017年3月:1,103名 / 9人 
 スタッフ:6名 ⇒ 601名 / 6人 (34,57,80,99,159,172)
 専攻医:8年目1名 4年目1名 3年目1名 ⇒ 502名 / 3人 (137,176,189)

2015年度の集計:他科ローテートが複数あったので統計を取ることを現時点で断念


2014年4月~2015年3月:1,241名 / 13.5人 +1名:妊娠出産関連で ほぼ病棟Free
 スタッフ:5名(+救命救急センター 1名) ⇒ 127名 / 6人 (5,9,10,30,31,42)
 専攻医:5年目2名 4年目2名 3年目3名 ⇒ 1,114名 / 7人 
(44,58,134,173,174,176,293):他科ローテートあり【註】
  ※ 消化器内科主体で総合内科チームの3年目:1名在籍(4~9月):62名

【註】2014年度は内科救急に2ヶ月単位×6人出向
:整形外科プロジェクトも2015年度に向けて開始しています。
2013年4月~2014年3月:1,307名 / 12人
 スタッフ:3名(+救命救急センター 1名) ⇒ 130名 / 4人 (11,31,34,62)
 専攻医:6年目1名 4年目5名 3年目2名 ⇒ 1,169名 / 8人
(117,119,119,138,154,160,169,193):他科ローテートあり
  ※ 専攻医 短期研修:1名在籍(6~7月)

2012年4月〜2013年3月: 1,316名 / 11.5人
 スタッフ:5名+非常勤スタッフ 1名(入院担当なし) ⇒ 328名 / 5人 (28,50,66,72,112)
 専攻医:4年目1名 3年目4名 ⇒ 782名 / 5人 (116,122,175,178,191):他科ローテートあり
  +12月まで消化器内科主体で総合内科チームの3年目 ⇒ 48名(総合内科担当分のみ)
   +8月からの短期研修 127名 +12月から総合内科 加入 31名

2011年4月〜2012年3月: 1,196名 / 8人
 スタッフ:4名 ⇒ 565名 / 4人 (102,133,140,199)
 専攻医:3年目4名 ⇒ 631名 / 4人 (116,144,180,191)

2010年4月〜2011年3月: 1,230名 / 7人
 スタッフ:5名 ⇒ 642名 / 5人 (38,100,156,160,188)
 専攻医:4年目1名 3年目1名 ⇒ 380名 / 2人 (177,203)
  +消化器内科主体で総合内科チームの3年目 1名 ⇒ 208名 / 1人

2009年4月〜2010年3月: 1,368名 / 7.5人
 スタッフ:3名(秋から+1名) ⇒ 465名 / 3.5人(15,171,194,88)
 専攻医:専攻医扱いの7年目1名 4年目1名 3年目1名 ⇒ 538名 / 3人(165,174,199)
  +消化器内科主体で総合内科チームの5年目 1名+4年目 1名 ⇒ 362名 / 2人(179,183)
★ 総合内科では チーム制で入院担当 をしており、
チームリーダーは相対的に受持ち数が少なくなります。 
また、結核病棟対応は
13 ⇒ 12 ⇒ 10 ⇒ 08 ⇒ 14 ⇒ 7 (2014年)⇒ 11(2016年)⇒ 7/ 年 という推移
 
(総合内科として)ICU対応の数はまだ抽出できていません:年間10~20例?
スタッフ・専攻医として、勤務する際の参考になりますでしょうか?

今回の関連タイトルは、「 総合内科、総合内科の紹介 」です。
       興味があれば下記をクリックして下さい。

***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp

2018年4月16日月曜日

第115回 日本内科学会総会 サテライトシンポジウム 『ことはじめ』:4月14日(土)

4月上旬はバタバタ・・・なのですが、特に2年目研修医は本当に大変です。
 ※ まだ1年目が日当直にはいれないので・・・ 5+1人態勢でのローテーションです。

さて、そういったなか、新2年目+旧2年目研修医=専攻医 が、学会で頑張ってくれました。

毎年、発表・参加している 日本内科学会総会 サテライトシンポジウム 『 ことはじめ 』に
今年は、総合内科から 5名 +腫瘍内科から 2名 参加しました。
まず、Poster Session

二村 俊先生: 10数年の間、未指摘であった偽性高カリウム血症へのアプローチについて
 ※ 発表のあと、フロアから興味深いヒントをいただいたので、次年度にむけて準備する?

中村 隆久先生
血清CKを上回る血清CK-MB分画の異常高値が迅速な診断の契機になった前立腺癌の一例
 ※ この症例は、以前、木戸 貴志先生がまとめてくれたものをアレンジしました
  【適々斎塾 in 京都より】:http://fukugim.blogspot.jp/2017/09/21-0917.html 
腫瘍内科より2例
藤村 香里先生
集学的治療により長期生存が得られた多発遠隔転移を伴った
左房原発 intimal sarcoma の一例
長谷部 仁美先生
ニボルマブ投与終了半年後に顕在化したニボルマブによる尿細管間質性腎炎の一例

午後からは 公開討論会 があり、3つのテーマにエントリー
【テーマ1 地域医療】
 大森 浩一郎先生:地域基幹病院から支える地域医療のあり方について
 
【テーマ2 高齢者医療】
 長谷部 仁美先生:高齢者医療において求められる主治医の役割

【テーマ3 終末期医療】
 澤田 凌先生:現場を通してはじめて見えてきた終末期医療
澤田 凌先生は 抄録から 優秀演題に選ばれており、檀上からの発表
この討論会、重要なテーマではあったのですが・・・
 
司会の先生方の地域医療への認識や討論会のファシリテーション・・・とか、
抄録から選抜された人数と与えられた時間のバランスが問題だったのでは・・・と感じました
大森 浩一郎先生(写真なくてゴメン!)や長谷部 仁美先生が可哀想でしたが、
発言の機会すら与えられなかった人がいたのと、何が討論されたのか・・・という会でした。
 
さて、この ことはじめ ですが、表彰制度があります。
抄録の時点で選抜されると、Plenary session での発表+表彰 (過去に 西村 加奈子先生受賞)
Poster発表でも各セクション毎に1名、優秀演題が選抜されました (以前は2セクションで1名?)

そういったなか・・・
 中村 隆久先生・長谷部 仁美先生・藤村 香里先生 がPoster Sessionで受賞
 + 澤田 凌先生 が 討論会での受賞がありました!
 ※ 指導教官賞として、田所 学先生×2 + 原田 大司先生×2で受賞されています 
※ これで当院からは5年連続、優秀賞を獲得です!
 
夜は皆で打ち上げ!:たすき掛けでつい先日まで当院にいた仲間も合流!
 
 福知山の新2年目は終電で帰福・・・お疲れさま! 
 
個人的には、翌日の「地域医療シンポジウム 2018」にWGの一員としても参加。
http://www.naika.or.jp/meeting/115-info/chiikishinpo_2018_top/
こちらでも頑張っていきたいと思っています!
 
今回の関連タイトルは、「学会発表、初期研修、総合内科、内科学会」です。
興味があれば下記をクリックして下さい
 
***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp

研修医ワークショップ@京都府医師会:02月04日(日)

今週末(14-15日)の京都で開催された学会では、嬉しいニュースがありました。
明日以降にUpしますので、乞うご期待!
先日、初期研修医の合同オリエンテーションがありましたが(そう言えば内容聴いてなかった・・・)
京都府医師会主催の勉強会が定期的に開催されていて、当院も参加しています!
次の勉強会の案内は後ろのPosterをご覧下さい・・・というのは、
冗談のような本気のような・・・ です:研修管理委員会で管理してもらっています。

さて、2月4日に行われた研修医ワークショップには、当院から澤田 凌先生が参加。
(+もう少しいた・・・でしょうか?:確認させてください)
他施設の研修医との合同チームで症例(?)に向かったようですが、
見事、優勝チームになったようです!:おめでとう!!
副賞も頂いたようです!
今年度も皆さん、頑張って!

今回の関連タイトルは、「 京都府医師会 」です。興味があれば下記をクリックして下さい

***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp

2018年4月12日木曜日

【OLT 2018】 新研修医 総合オリエンテーション@二条:04月07日(土)

先週末は暖かな天候で、お花見日和❀ でしたね。一方、今週末は・・・寒かったですね
と、下書きをしていたのですが、それから既に1週間・・・ もう、明らかに 葉桜 ですね!
 
さて、毎年恒例なのですが、京都府下の初期研修医は、
京都府医師会主催のオリエンテーションがあります。
 今年も元気な8人が病院の雰囲気を上げてくれると思います!

 

院内のオリエンテーション (第2週目は主として夜 時間外) ももうすぐ終わり!
皆さん、頑張りましょう!
※ OLT 2018としてお送りします!

今年の1年生は下記の8名です!:宜しくお願い致します!
 
 ◆ 管理型:5名 
  小原 知也(おはら ともや) 先生   河合 紘平 (かわい こうへい) 先生
  阪本 真人(さかもと まなと) 先生  品川 夏子 (しながわ なつこ) 先生
  長谷部 匡毅(はせべ まさき) 先生

 ◆ たすき:1年目:3名 
  天野 佑美 (あまの ゆみ) 先生  木田 春香 (きだ はるか) 先生
  藤田 尚江(ふじた なおえ) 先生
参加された皆さま、 お疲れさまでした!

***** Blogの方針*****
関係者の方は、気軽にBlogをシェアしてもらって結構です!
(Photoは基本的にBlog掲載許可を頂いています)
 
今回の関連タイトルは、「OLT(オリエンテーション)、京都府医師会」です。
興味があれば下記をクリックして下さい
 
***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp

2018年4月5日木曜日

家庭医療/総合診療 ミーティング:03月29日(木)

新年度がはじまって、初々しい若者が院内にたくさん溢れています!
昨日の朝のPCLSも 参加者 11名!:いい雰囲気です!:ちなみに来週は当院の当番です
 ※ PCLSについては右のタイトル別で「PCLS」を選択すれば観れます
 
もしかしたら、当院に就職した初期研修医(+関係者の方)が、
Blogに登場するのを心待ちにしている!かもしれないのですが、
写真撮り忘れ+行事変更があったので、もう少しお待ちを・・・
4月から新専門医制度における 「総合診療」 のプログラムが開始になっているのですが、
それに向けてのミーティングを行いました!
【参考】 2015年度のミーティング(呑み会)
 
現時点で 本院+大江分院 で
【指導医】:4名
 川島、和田 幹生先生 北村 友一先生 渡邉 力也先生
  ※ 和田 幹生先生と渡邉 力也先生は、家庭医療専門医
【専攻医】:2名+1名
 吉見 憲人先生(家庭医療プログラム:今年度はプログラムの中断申請予定)
 花本 明子先生(今年度が3年目)
                        に加えて、
 長谷部 仁美先生が、「総合診療」のプログラムの一期生として加わりました。
 
なお、小田 雅之先生は、他プログラムにて家庭医療プログラムを既に履修されています。 
そういえば寄贈した書籍をもってもらうのを忘れていた・・・かも
今後の大きな課題は、ポートフォリオ!:http://fukugim.blogspot.jp/2015/09/0810.html
院内だけでなく、関西ブロックの勉強会などで他施設とも交流しながら、
研鑽できるようにしたいと思います!
長谷部 仁美先生には、恒例の(?)書籍が指導医から授与されました (次年度以降は予算化できる・・・かな?)
ちなみに、専門医機構から提供される予定の「研修手帳」はまだ公表されず・・・?
 
4月からは、他施設(京都協立Hp)から、小児科研修で来られている先生もおられるので、
交流を深めていきたいですね!
ちなみに、専門医制度以後の、いわゆる「二階建て」の部分の議論は保留のままですが、
当院としては、病院総合医関連でも頑張っていきたいと思っています!
 ※ 病院総合医関連:http://fukugim.blogspot.jp/2013/12/2013.html

プログラムとしての運営があるのですが、総合内科のmemberと一致団結して、
今年度も楽しく、厳しく、頑張っていきましょう!

今回の関連タイトルは、「 JPCA 」です。興味があれば下記をクリックして下さい。

***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp

2018年4月3日火曜日

2017年度 最後の回診:03月30日(金)

新年度が始まりました!
幸い、入院担当のバタバタ(昔は、一時的に16名受持ちしたこともありました)はなく、
Duty変更に伴うバタバタを解決していっている段階です
 ※ 個人的には 2018年前半は Duty Freeの半コマができて、効率がぐぅ~んとUpしそうです。
 
さて、2017年度の総合内科は2チーム制+回診方法も代えたので、
最終日の朝の回診は・・・なし:本院・大江当直 組もおられたので・・・
で、最終日の夕方のまとめに集合写真と思ったら、
これまた大江当直 組+歯医者 組?があったので、
総合内科の集合写真は厳しい・・・と思ったら、
この年度末で総合内科を去る 山脇 満輝先生 の送別に多くの研修医が集合!
(先日の送別会で渡し損なった)色紙もお渡しできました!
山脇 満輝先生と仲間たち・・・

間にあわなかった仲間たち・・・ というわけではありませんが
 山脇 満輝先生、お疲れさまでした!
 

今回の関連タイトルは、「 最後の回診 」です。
興味があれば下記をクリックして下さい。

懐かしいMemberが見れますよ!

***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp